本文へ移動

ブログ

「セルプの新しい風」
RSS(別ウィンドウで開きます) 

2019 12 就労全体プログラム  就労講座と美術館

2019-12-28
12月の全体プログラムは、就労講座と田川市美術館訪問でした。
 
就労講座では、県央支援センターから外部講師としてH様にお越しいただきました。
 
今回は、働くうえでの条件について1人1人が考えていけるような内容でした。
 
また、後半には楽しみながら考えることのできる就労マナークイズも準備していただいてました。
 
いつもお忙しいなか、参加者が楽しみながら参加できるプログラムをありがとうございます。
 
午後からは、田川市美術館で開催されているロバートキャパ展を訪れました。
 
参加された方は、普段見ることのできない写真を見ることができて良い機会になった、
 
ピカソの絵は見たことがあったが顔は初めて見た、白黒の写真も撮ってみると面白そうなどの感想が聞けました。
 
帰りは、道の駅いとだ、うちのOB焼き芋店をはしごして帰ってきました。
 
 
 
 
 
 
 
 

2019 11 就労全体プログラム  ブランド牛と世界遺産

2019-12-28
11月の全体プログラムは、牧場と世界遺産の見学を行いました。
 
AM 赤崎牧場
 
赤崎牛を肥育されている牧場でどのような仕事をされているのか、どのように牛が育っていくのか、
 
牧場以外の仕事はどんなものがあるのか、これからの事業展開についてなどたくさんのことをお聞きすることができました。
 
そのまま、赤崎牛を販売されている「とんちゃん横丁」も見学させていただきました。
 
 
とんちゃん横丁は、冬場は販売のみらしいです!
 
赤崎オーナー、地域から発信していくバイタリティーのあるお話をありがとうございました。
 
ランチ会を挟んで中間市にある「遠賀川水源地ポンプ室」へ。
 
 
午前、午後と日本の近代化を支えた建物などを見ることのできた
1日でした。
 

2019 10 就労全体プログラム  職場見学と雇用促進面談会

2019-12-27
10月の就労全体プログラムは、職場見学(大村紙工様)と筑豊地区障害者雇用促進面談会 見学でした。
 
工場見学では、段ボールのシートが大型の機械や人の手により立体的になっていく様子や、
 
パソコンを使って設計~加工~組立までを説明していただいたりしました。
 
見学後は、社長と現場担当の方への質疑応答の時間まで設けていただけました。
 
一緒に働きたいと思う人材や面接のときにはどんな所を見ているのか、就業生活を送るうえで何が大切かなど
 
とても参考になる話を分かりやすく教えていただきました。
 
お忙しいなか、お時間をいただきありがとうございました。
 
 
午後からは、筑豊地区雇用促進面談会(のがみプレジデントホテル)の見学を行いました。
 
初めて見学される方は、緊張感のある雰囲気に あんな中で面接を受けるのは難しそうだと話されたり、
 
2回目の見学をされた方は、面接時に必要な持ち物や服装選びの参考になったと話されていました。

2019 09 就労全体プログラム

2019-12-27
2019 09 就労全体プログラム  職場見学
9月の就労全体プログラムは、嘉麻市にあるHOWA九州様を訪問させていただきました。
 
はじめに、安全教室で職場でとても大事なこと「ケガをしない。」や「ポケテナシ」について学びました。
 
ポ:ポケットに手をつっこまない。
ケ:携帯電話(歩きながら携帯電話を使用しない。)
テ:手すり(階段昇降時は手すりを使う。)
ナ:斜め横断(通路を斜め横断しない。)
シ:指差呼唱
 
工場見学
工場内では、自動車部品が製造されておりロボットが水圧で資材を切り抜く様子や
 
自動運転で資材が運搬されていく様子など興味深く見学させていただきました。
 
通常は、ここで終了なのですが、HOWA様のご厚意で就労されている方との交流会を開いていただきました。
 
お互いに緊張はあったものの、実際に就労されている方と上司の方々とのやりとりを見ることなど
 
とても参考になったように感じました。
 
お忙しいなか、色々とご配慮いただきありがとうございました。

2019 08 就労全体プログラム 卓球大会と九国博

2019-12-27
就労全体プログラム実施状況の更新が滞っていましたm(- -)m
 
8月は、卓球大会と室町幕府展(九州国立博物館)鑑賞でした。
 
卓球が得意な方はマイラケットを持参で、久々の方はルールを思い出しながら・・・
 
ワイワイ楽しまれていました。優勝は、暫定利用中のYさんでした!
 
午後からは、九州国立博物館で開催中の室町幕府展を鑑賞しました。
 
室町15代将軍のことや勘合貿易、国宝「名物 大般若長光」など見どころが満載でした。
 
企画展鑑賞後は、常設展を楽しまれる方、お土産を購入される方など自分のペースで過ごされていました。
 
 
 
TOPへ戻る